治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの採用情報(働く社員紹介)ページです

M.SさんCRC(治験コーディネーター)

M.Sさん CRC(治験コーディネーター)

―― CRCとして働こうと思ったきっかけを教えてください。

以前は管理栄養士として病院で働いていました。 転職を考えた際、求人でCRCの仕事を知り、創薬の仕事に魅力を感じたんです。 祖父母が狭心症などの病気で薬を飲んでいる姿を見てきたので、以前から薬には関心がありました。

これまでとは異なる職種への転職・・・管理栄養士でも異業種に転職して活躍している人たちがいるというのを、 WEBサイトなどを見て知っていたので、もし創薬の仕事ができるのだったら、やってみたいと思いました。

―― ピープロジェクトに入社した理由は何ですか?

会社の規模的にアットホームな感じがしました。組織が大きいと、自分の仕事しか見えないような気がしますが、弊社ならいろんな人とかかわりが持てるかなと思いました。

入社後、上司からこんな話も。「社員同士のコミュニケーションが多い職場。困ったことがあったら、お互いに助け合える雰囲気がありますよ」と。それって、いいなあと思いましたね。

―― 実際に働いてみてどうですか?

自分で仕事を組み立てていく能力が求められると思いました。何をするにもはじめてのパターンが多く、「こうすればいい」というやり方も決まっていないので、自分で考えて取り組むことが大事です。試行錯誤を積み重ねながら、自分で切り拓いていくというイメージですね。

1つの治験について、その施設で、どのように実施し、どう連携していくか・・・スケジュールのたて方も自分次第です。患者さんの対応日を設定して先生の予定と合わせたり、検査の方法についてもスムーズに進行できるように打合せをして決まり事をつくったり、対象となる患者さんをどう探すかなどもレクチャーしたり。

コミュニケーション能力も大事です。患者さんに対しては、まずは病院の先生からお声がけしてもらいますが、関心を示していただいたら、私たちCRCから詳細を説明し、ご理解・ご納得いただいたうえで、ご協力していただかなくてはなりません。

また、治験を実施する病院の先生や看護師、薬剤師、臨床検査技師など、さまざまな人たちと関わっていくお仕事です。医療知識はもちろんですが、「こう説明したら納得してもらえる」「ここにポイントを置いて説明すると理解してもらいやすい」など日々気づきがあります。通常の院内業務に加えて、治験業務に取り組んでいただくことになるので、普段の業務でお忙しいなかで「仕事が増える!」ではなく、快く取り組んでいただけるかどうかは、CRC次第だと思っています。

―― 印象に残っている仕事を教えてください。

常に変化のある仕事なので、毎回印象に残る仕事ばかり!もし1つ挙げるとするならば、現在担当している仕事です。

治験に該当する患者さんが見つからず「どうしよう!」と悩んでいたのですが、上司に相談すると、「今日あいているからスクリーニング手伝うよ!」など先輩や後輩に声をかけてもらい助けていただきました。

施設では一人で業務をすることが多いですが、会社には先輩や後輩がいますので、心強いですね。相談もできますし、「この施設ではこうしているよ!」などの情報共有もできますから。

―― 今後の目標を教えてください。

コミュニケーションが大事と話しましたが、より円滑に仕事を進めていくためには、知識も大事です。医療知識やGCPという治験ルールへの理解も深めて、“いろんなことを知っている・それを活かせる”CRCになりたいと思っています。

―― 入社を希望している方へのメッセージ

元気があって、やる気があれば大丈夫です。

私は異業種からの転職で、医療知識も、治験に対する知識もまったくない状態からのスタート。まずは自分が担当している治験の疾患について勉強することから始めました。

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP