治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの採用情報(働く社員紹介)ページです

M.Eさん渉外担当

M.Eさん 渉外担当

―― 渉外担当として働こうと思ったきっかけを教えてください。

以前も医療系の仕事に就いていました。地元・大阪でずっと働きたいと思い、転職を決意。最初は医療業界に限らず、幅広く仕事を探していたのですが、やっぱり気になるのは医療業界でした。前職では、患者さんの顔の見えない所で仕事をしていたので、患者さんに近いところで働きたいとCRCの仕事を希望。CRCの経験を積んだ後、現在の渉外担当になりました。

―― 渉外担当のお仕事内容を教えてください。

製薬会社から治験の依頼を受けて、実施できる施設を探し、契約まで担当します。提携の施設に依頼することもあれば、治験に合う施設を新規で探す場合もあります。仕事をするうえで、スピードを重視しています。新規治験の際は迅速に対応しなくては実施できないこともありますから。

―― ピープロジェクトに入社した理由は何ですか?

CRCというと、看護師や薬剤師・臨床検査技師など有資格者を募集されている会社が多いのですが、弊社ではその時は資格なしの方も応募可能だったので、資格はないけれど思いはある私にもチャンスがありました。また、私が転職先を探していた時に、ちょうど募集されていたというのにもご縁を感じたんです。

―― 実際に働いてみてどうですか?

患者さんに近いところで働きたいと思っていたので、患者さんと接することができた時は嬉しかったですね!前職で知識としてわかっていたことを、実際の医療現場ではどうなっているのかなどを見ることができたのも、非常によい経験です。

渉外担当に異動してからも、やりがいを感じています。弊社の会社規模として大企業ではありませんので、「自分がやらないと!」という責任感があり、それがあるからこそ、自分がやっている仕事が会社に役立っているという充実感もあります。自分の成長と、会社の成長を同時に感じられるんですね。

渉外担当の仕事は、CRCが治験業務に取り掛かる前段階の業務を担当します。CRCが忙しいというのは経験としてわかっているので、渉外担当としてできることはやって、少しでも負担を軽減する形で引き継ぎたいと。CRCのみなさんをサポートしていきたい、役に立ちたいと思っています。

―― 印象に残っている仕事を教えてください。

CRCとして一人で施設を担当し始めた頃、新規治験の立ち上げに携わったことがあります。私にとって新規治験の立ち上げは初めての経験であり、弊社が新規治験をその施設で実施するというのも初めてでした。

「どうしたら、いいんだろう」「何をやれば、いいのだろう」からのスタートでしたが、無事立ち上げ完了。たとえば、医師はお忙しいため、書類確認や捺印のタイミングなど一つひとつを試行錯誤しながら、コミュニケーションを重ねて、関係性を深めていった過程が印象に残っています。

一から新規治験を立ち上げたという経験、そのプロセスは、現在の渉外担当の仕事にも活きています。

―― 今後の目標を教えてください。

仕事量を増やしていきたいと思っています。やる気だけで「仕事をこれくらいやる!」と言っても、その“これくらい”というのが、自分のキャパシティに合っていなければ、ダメです。私はまだキャパシティが小さいので、現在の自分にできる仕事量を把握し、1日の仕事をリストアップしてマネジメントしながら、仕事量を増やせるよう意識して取り組んでいます。

またCRCのサポートができるように仕事していきたいとも思っています。

―― 入社を希望している方へのメッセージ

頑張りを評価してくれる会社だと思います。実際に働いていて、一人ひとりの行動に対して、見てくれている、評価してくれていると感じる場面が多いんです。一人ひとりの責任が大きいですが、その分、やりがいのある会社だと思いますので、一緒に頑張っていきましょう!

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP