治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの採用情報(働く社員紹介)ページです

S.Kさん(治験コーディネーター)

S.Kさん CRC(治験コーディネーター)

―― CRCとして働こうと思ったきっかけを教えてください。

元々5年ほど看護師をしてたんですけど、27歳の時に転職を考えました。
看護師の資格を活かしつつ、生活リズムがきちんと保てる職種という条件で探し、この治験コーディネーターの仕事に興味を持ちました。

―― ピープロジェクトに入社した理由は何ですか?

CRCに興味を持ち転職活動をしている時にピープロジェクトに出会いました。以前から大企業の中で歯車の一部みたいな仕事の任せられ方よりも、自分で進めていける方が私には向いていると思っていました。
また、大きな目標に向かってみんなで進んでいくという一体感もあり、その中で自分が頑張った事がそのまま、業務や実績にもつながる会社で働いてみたいと思っていたので、面接に来させて頂いた時にピープロジェクトで働かせてもらおうと思いました。

―― 実際に働いてみてどうですか?

看護師の時に比べるとほんとうに働きやすいと感じています。看護師として病院の中で働いていると、決まった業務を決められた通りにこなしているという感じがあったんですが、CRCという仕事は自分で考えて仕事を進めてていくことができるんです。スケジュールなどは自分で決めますし、決まったシフトを渡される感覚とはぜんぜん違います。

S.Kさん CRC(治験コーディネーター)

―― 印象に残っている仕事を教えてください。

僕があるプロトコルの準備の段階から初めて主担当を任せてもらった時のことでした。
試験開始まで準備期間がとても短い中で、準備と同時に患者さんのリクルートもしなくてはいけませんでした。先輩に教えてもらいながらではありましたが、契約からIRB準備、施設と依頼者の調整からスタッフのトレーニングなど、全ての部門のスタッフに協力していただきながら、どうにかその準備を滞りなく実施することができ、患者さんのエントリーまで問題なくたどりつくことができました。その時は、1つの仕事をやり遂げた感というか達成感を感じる事ができて、この時にすごくやりがいを感じました。

―― 今後の目標を教えてください。

現在女性がCRCとして働くことが多い中で、男性としての特色を生かせていける様なCRCを目指していきたいと思っています。
例えば、僕が思っているのは、CRCが受けられる資格試験やその他にも男性CRCならではの難しい分野にも積極的にチャレンジしていってみたいですね。
やはりドクターとの距離感というのも女性と男性では違うと感じています。 難しい疾患などの話になると看護師を経験しているということもあるので、うまく活かせていると思っています。 また、僕も今勉強中なのですが、患者さんの対応だけでなく治験全体をよく理解して、患者さんやスタッフからも信頼される存在になり、その経験をもって後輩を教えていけるような立場に早く成長したいと思っています。

―― 入社を希望している方へのメッセージ

ピープロジェクトは、いい意味で先輩後輩の関係をうまく取れる会社かなと感じています。人間関係の距離感が近すぎず、とてもサッパリとしています。
直行直帰が多く全員が毎日出社する訳ではないので、近くなり過ぎないという事もあるんだと思います。また、それぞれが治験のプロとして自立して働いてるからかもしれません。
入社して3年目になりますが、ピープロに転職して良かったなと思います。

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP