治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの採用情報(働く社員紹介)ページです

R.Yさん(治験コーディネーター)

R.Yさん CRC(治験コーディネーター)

―― CRCとして働こうと思ったきっかけを教えてください。

元々薬に興味があったので、前職は薬を売る側の仕事をしていました。その仕事をしていく中で、薬ができるまでにどんな事が行われているのかなという事に強い好奇心が芽生えました。より深く薬を作るという事に関わる仕事がしたいなと思いCRCという仕事を選びました。

―― ピープロジェクトに入社した理由は何ですか?

求職活動中はCRCになるために、大規模な会社や小規模の会社等多くを見させていくうちにそれぞれにメリットデメリットがあると気付きました。ピープロはけっして大きな規模ではありませんが、その分初めの段階から色々な業務を任せてもらえると考えました。とにかく私は早く仕事を覚えて、どんどん薬の深い部分に関わりたいと思っていましたのでピープロに入社することにしました。

―― 実際に働いてみてどうですか?

色々な仕事ができるのでは無いかと思って入社したんですが、それはすごく今も感じています。早い段階から様々な現場に接することができて、少しずつですが仕事を回してもらえるので、早いうちから色々な事を覚えられるのはすごいいいなと思っています。
また、先輩が近くにいてくれて、分からない点をすぐに聞けますし、責任を任されながらもカバーやフォローしてくれるという責任とフォローのバランスが、きちんと取れていて働きやすいと感じています。
会社内の食事会や社員旅行(社員旅行はまだ行った事ないんですけど)があったりするので、普段直行直帰でなかなか全員揃ったりする機会が多くは無いんですが、そういう時にみんなで会って話したりして、先輩たちにいろいろ相談したりまた時には他の現場のことを聞いて勉強しています。

R.Yさん CRC(治験コーディネーター)

―― 印象に残っている仕事を教えてください。

つい最近のことですが、以前から業務している施設で、新たに始まる1つの治験のメイン担当を任せて頂けました。もちろん今までよりぐっと責任も大きく、不安な事が多い中でのスタートでした。書類の作成や調整など様々な準備はいくら確認に確認を重ねても何か抜けてはいないかと心配が尽きませんでした。しかし、一人目の患者さんのエントリーが完了し、治験が本格的に始まった時、「無事登録できてよかった!」という思いがとても大きかったです。CRCは1つの治験に始まると、同じ被験者さんと長くお付き合いしていきます。その過程で被験者さんが元気になられる姿を見れる事があります。被験者さんが喜んでおられる声を生で聞けたり、実際に検査の数値が改善されているのを見たりすると私もすごく嬉しくなります。
CRCが治験の準備から被験者の登録に至るまでは大変なんですが、そういう風に感謝される仕事はすごいやりがいを感じます。

―― 今後の目標を教えてください。

まだまだ自分の仕事に手いっぱいなので、もっと余裕を持てるようになりたいと思っています。
まだ今の段階だとメインで回すようになったばかりなので、これからどのようになっていくか不安もありますが、私の担当している治験に参加してくださったボランティアの被験者さんに対する感謝の気持ちを忘れずに、これからも勉強していきたいと思っています。そして、その先は先輩達のように複数本の試験も同時に回して行けるように私も早くなりたいと思っています。私はこの仕事が好きなので長く働き続けたいなと思います。

―― 入社を希望している方へのメッセージ

これから世の中に出てくるお薬は、色々な人の役に立つものだと思います。
そういうところに携われる仕事ってなかなかないと思いますし、例えば治験に参加している被験者さんから「薬がきいて、だいぶ病気が改善したよ。」と感謝していただけることもあり、すごくやりがいのある仕事だと思うのでぜひチャレンジして欲しいと思います。

この仕事は患者さんやドクター、また院内のスタッフなど立場や役割がそれぞれに違う人たちが一つになってする仕事なので、コミュニケーション能力がとても大事な仕事だと思います。最初は難しい部分もあるかもしれませんが、臨機応変に対応できるような力が会社の先輩、上司に支えられついていくと思います。病院内においても色々な方とお仕事ができて、とてもやりがいある仕事だと思います。

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP