治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの採用情報(働く社員紹介)ページです

A.Nさん(治験コーディネーター)

A.Nさん CRC(治験コーディネーター)

―― CRCとして働こうと思ったきっかけを教えてください。

前職では管理栄養士として働いていました。その後ハローワークに行った際に、治験コーディネーターという仕事を知りました。その時は、治験というものがどんなものかもわからなかったんですが自分で調べてみると、新薬の開発に関わることができて、病気で苦しんでいる人たちのお手伝いができるという仕事に魅力を感じました。

―― ピープロジェクトに入社した理由は何ですか?

現在CRCになっているのはやはり元看護士さんとか、薬剤師さん、検査技師さんなど医療系の仕事の資格を持ってる人多いと思います。私はもともと管理栄養士だったので、医療の知識は殆どありませんがでしたが、初心者でもしっかり教えてもらえる研修があったり、安心して働けそうだと感じました。 また、大きい会社よりも社長や上司が近くにいて相談などがしやすいというところもいいなあと思いました。

――治験コーディネーターの仕事内容は皆さん同じ内容になるんですか?

仕事内容は同じですが、疾患ごとに対象者やその治験のプロトコル(治験実施計画書)が違います。依頼者、検査の内容や対応方法も変わってきます。その疾患、お薬についての知識が必要ですので、分からない所は自分で毎回調べて勉強もしますし、先輩に教えて頂きながら対応しました。

―― 実際に働いてみてどうですか?

先生や病院のスタッフさん、患者さんと直接お話しをし、コミュニケーションを取りながら進めていく仕事です。担当は一つの病院だけではなく、いくつかあるので、毎日訪問先が違うこともあります。でも、いろいろな方々と知り合えるし、いろいろな刺激も受けるので私に合っているなと思います。
仕事は担当施設への直行直帰が多く、事務所に戻る機会は少ないですが、会社のみんなと会ったときはみんなで仕事のことやプライベートのことなど様々な情報を共有しながら働けています。何よりも信頼できる先輩達、上司もいるのでそういった人達と話をしたりアドバイスをもらったり、また相談がしやすい環境です。「何かあったらすぐ行くから」とか「協力するよ」と言ってくれるので、とても心強いです。

A.Nさん CRC(治験コーディネーター)

―― 印象に残っている仕事を教えてください。

私が入社して2年目の頃、ある治験を担当していました。そこは担当の先生もスタッフも大変協力的な施設でしたが契約している症例のエントリーがなかなか進まなかったことがありました。候補の方がいても基準に合わずにエントリーできなかったり、スケジュールが合わなかったり当初の予想より患者さん探しに苦心していました。しかし、周りの方々に協力して頂いて、自分自身でも考えられるあらゆる努力を重ね、エントリー数を無事達成できたのが最も印象に残っている仕事です。努力した分、自分の中ですごく乗り切った感がありました。

―― 今後の目標を教えてください。

まだまだ私より長く勤務している上の先輩がいるので、私も先輩方に習い長く続けてもっとCRCとしてやっていけたらいいなと思っています。自分のことだけじゃなくて、これからは後輩にも色々指導して長く一緒に働いていけたらいいですね。
それにも増して、施設の先生方や病院のスタッフからもしっかり信頼してもらえような存在になっていきたいです。

―― 入社を希望している方へのメッセージ

私は元々人と接する事が好きで、この仕事を選んだんですが、やっぱり人の役に立つ、ボランティアで協力していただいている患者様や将来のお薬、医薬業界の進歩というものに貢献できるすごくやりがいがある仕事だと思います。自分が関わったお薬が承認されて、多くの患者さんに使っていただけるのはとても嬉しいです。
今までの様々な経験がきっと役立つと思いますし、新しいことにチャレンジすることを怖がらずに挑戦してもらえればいいですね。

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP