治験のことならお任せ!株式会社ピープロジェクトの会社案内です

会社ニュースNews

会社ニュース

  • 2019.01.11

    研修会テーマ【臨床研究法の適用となる研究のための「やることリスト」の作成】

研修会テーマ【臨床研究法の適用となる研究のための「やることリスト」の作成】
今回は外部講師として、滋賀医科大学の山中 真由美先生をお招きしての研修でした。
CRC、DM、倫理委員会及び多施設共同研究事務局、スタディマネジメントとほぼ全ての部署を経験された山中先生ならではのお話しは、それらを経験したことのない者でも、各領域の楽しさが分かる興味深いものでした。
特に「やることリスト」は、これから臨床研究を実施しようとする研究者にとっても、それを支援しようとする者にとってもバイブルのような存在であると感じました。
この世界に入った当初は医療関係の資格が無いということで、大学で学位をとってしまうほどアグレッシブで芯の強い先生ですが、ご講演の印象はとても穏やかで親しみやすく、何でも聞いて下さる素敵なキャリアウーマンでした。受講した私たちに夢と希望を与えて下さり感謝してます。
山中先生、本当にありがとうございました。

  • 2018.12.07

    忘年会

忘年会
毎年恒例の忘年会を開催しました。
美味しいお食事を楽しみながら一年を振り返り。
豪華景品が当たる楽しいゲーム大会や、一年の活動をビデオにまとめてみんなで鑑賞しました。 社員の親睦が深まるとともに、来年へのさらなる飛躍の決意の場となりました。

  • 2018.12.07

    社内継続研修

社内継続研修

今回のテーマは「メーカー監査を受けて」。
説明してくれるのは、最近監査を受けたCRC。
次々出てくる耳慣れな言葉や事前準備の様子も詳細な資料とクイズ形式の質疑で臨場感のある研修となりました。
一度も監査を受けたことがないCRCや、普段会社にいる事務局にとっては、監査の流れを知る良い機会となりました。
またこれから監査を受けるCRCも、監査に向けて具体的にどう動くべきかを自分で考える事ができました。
同時に最新の監査の情報はベテランにとっても大変興味深い内容でした。
無事監査を終える為には、普段の業務から書類などをきちんと作成・保管し、ミスのない仕事を心がける大切さを学びました。

  • 2018.11.09

    研修会テーマ:「あり方会議in富山」報告会

研修会テーマ:「あり方会議in富山」報告会

今回は、9/16・17に富山県で行われた「CRCと臨床試験のあり方を考える会議」出席者の中で、4名による報告会でした。
●まず初めに、「医療機関における治験の品質マネジメント」についての報告でした。
日本における治験のQMSが始まろうとしている中、医療機関における品質マネジメントは最も重要とされています。
各試験の問題点を見つけやすくする為にも、チーム内での積極的な情報共有など工夫をし、業務効率化・品質の維持向上を目指す大切さを学びました。
●次に、「小児治験についていろんな立場から見た、子どもへの説明と同意」についての報告でした。子どもの集中力は約10分が限界とされています。
少ない時間の中で、いかに要点を伝え理解してもらえるかを、日々の業務とつなげて考える良い機会となりました。
●続いて、「メディアと臨床試験~医療ドラマが投げかけたもの~」についての報告でした。
今年4月、医療ドラマに登場したCRCの描写が、実際の職業とあまりにもかけ離れているとして、「不快だ、残念だ」と各地で声が上がりました。
CRCの正しい情報を知ってもらう為にも、知名度アップと治験の知識の普及が必要であり、そのためには多くの課題があることを知ることができました。
●最後は、まだあまり馴染みのない「臨床研究法」を分かりやすく解説した発表です。
臨床研究法は解釈が難しく、厚労省のほうから法関連のQAが多く発出されている状況で、臨床研究の現場は混乱している様子がわかりました。
また臨床研究法自体が、実際に臨床研究を行う医師たちに浸透していない現状から、日本全体として臨床研究が進まなくなるのではとの懸念もあるようです。とはいえ、治験のみならず臨床研究も患者さんに還元される重要なエビデンスですので、臨床研究の質の確保と透明性は必要不可欠な事柄です。
今後、臨床研究法に基づき実施される特定臨床研究及び臨床研究について、我々も注視していく必要があることが分かりました。

  • 2018.10.5

    複数CRCと業務をする際の留意点

毎月恒例の社内研修を行いました!

今回は新入社員4名を交えて、CRC同士のコミュニケーション不足によっておきる様々な問題の対策について学びました。 グループワークでは、日々業務に忙しく情報を他の人と共有する時間が取れない場合に、他施設ではどのように工夫してコミュニケーションをとっているかについて互いに情報交換。 後輩は先輩が新人だった頃の悩みや経験談に目を輝かせ、自分の業務にも生かせる方法を学びました。 皆、自分の考えを自分の言葉で相手としっかり向かい合って解決しながら働く姿勢を受け継いでいっています。 また、新入社員にとってはOJT前に多くの先輩社員たちと交流する良い機会となりました。

  • 2018.08.10

    研修会テーマ:RBA

毎月恒例の社内研修を行いました!

今回は、データの品質を適正に管理していくためRBAについて学びました。 事前に設定したトラブルのテーマをもとに、どのようなリスクがどこに潜んでいるかについて各グループで検討し、発表しました。 他の人の意見を聞くことで新たに気づく事があり、すぐに活かせる対策を互いに情報交換。施設で予測されるトラブルを回避するために、注意すべき点を改めて学ぶ良い機会となりました。

  • 2018.07.05

    より良い会社にするために

毎月恒例の社内研修を行いました!

今回はリラックスした雰囲気の中、ワールドカフェ形式で一つのテーマについて考える研修を行いました。 テーマは「より良い会社にするために」。各部署のスタッフがそれぞれの立場で意見を出し合い、対話を楽しみながら方向性を見い出すことに集中。 その中で他の社員が何を考えているか、そして自分が何を目指しているのかを発見していく良い機会になりました。 メンバーの組み合わせを次々変えながら、グループで話し合いを続けることは自分の意見をしっかり伝えることと、他の人の意見にキチンと答えるディベートの機会でもありました。 社員全員で考える「良い会社」を目指して明日からの活力をもらった研修でした。

  • 2018.06.07

    毎月恒例の社内研修を行いました!

毎月恒例の社内研修を行いました!

医療現場で様々な臨床データを扱うCRCとして、信頼性を揺るがしかねない研究不正や違反についてグループワークを交えて研修を実施しました。 それぞれのグループで意見交換をし、新入社員はトラブルが起きた時、どのように対処していくのかを先輩から学ぶ事ができました。 先輩社員も一度自分の業務を振り返ってみるいい機会となりました。

  • 2018.05.22

    BBQを開催しました!

BBQを開催しました!

今年も恒例の社内イベントとしてBBQを開催しました。
天気にも恵まれて、日ごろなかなか顔を合わすことの少ないCRCにとっては社員の親睦を深める場になりました。
ゲーム大会などでは先輩・後輩の垣根を越えて、走って笑って汗をかき、心身ともにリフレッシュ。
業務のモチベーション向上にもつながりました。

  • 2018.03.09

    研修会テーマ:医療安全(感染管理)

研修会テーマ:医療安全(感染管理)

医療現場で勤務するCRCとして、知っておかなくてはならない医療関連感染対策について、事例検討やテストを交えた研修を実施しました。
普段当たり前に実施していることも、改めて体系的に学習することで新たな発見があったかと思います。

  • 2018.02.20

    大切にしたいこと

大切にしたいこと

治験を実施する上で、治験コーディネーターが最も大切にしていることはコミュニケーションです。患者様とそのご家族、病院のスタッフとコーディネーターがタグを組み、しっかり連携をとってこそ治験を成功に導くことができきます。
一日でも早く新しい薬の誕生を待ち望む患者様のために毎日毎日が挑戦の日々ですが、やりがいは人一倍です。
今回は、ヤンセン社の治験を実施している大阪精神医療センターで、短期間に多くの患者様が参加して頂きNewsletterにまで紹介されました。

  • 2018.02.13

    社内研修を行いました!

社内研修

毎月社内では研修を実施し、継続した学びの機会を設けています。日々の業務で悩んでいることや、業界のトピック等を社員全員で学習し、意見交換を行うことで各自の業務をより充実したものにしようという目的です。普段各施設で業務するCRCにとっては、多くのCRCと交流できる貴重な機会でもあります。


  • 社長挨拶

    社長挨拶

    代表取締役のご挨拶とコンプライアンス宣言

  • 会社概要

    会社概要

    大阪本社、東京支社のご案内と沿革のご紹介

  • 会社ニュース

    会社ニュース

    会社の情報をお届けします

  • アクセス

    アクセス

    最寄りの駅からのアクセス方法をご案内

治験実施医療機関の声

Copyright © 株式会社ピープロジェクト all rights reserved.

PAGE TOP